P1000292
この写真は、着色した箔シート(ポリエステルフィルムに金属蒸着したもの)から小さい魚を切り抜いた後に残ったものである。一番細い部分の幅は、約0.3ミリ。そんな箔シートのくずは、観ていて倦きないぐらい繊細で美しい。これらの箔フィルムのくずは接写で撮った後、小品を作るときのために分類して保存している。蒸着箔フィルムを切り抜くのは、非常に難しい。器用な私でも、四苦八苦する。箔シートの種類によっては、粘着力が少し残っているものもあり、切るのは不可能と思われた。しかし、これらの問題を解決してくれたのは、目的に応じた色んな種類のハサミであった。

P1100178
この三つのハサミで、箔シートフィルムを切り抜く。紙も勿論切るが、細かい作業の時のみである。参考までに、ハサミに印されていたメーカー名を書いておく。
左から
   NEVANON
   sun-star statinery japan
   CHIKAMASA
特に中央のハサミは、要の位置が移動するので、滑りやすい薄いフィルムなど切り抜くのには、非常に適している。ゾーリンゲンやヘンケルのハサミも試してみたが、この三つのハサミには及ばなかった。
私の、机の引き出しには、ハサミが沢山入っているが、そのほとんどが、箔シートフィルムを切り抜くには役立たずであった。