Img0522
一作目のアクアリウムは、はっと我に返ってよく見てみると、全然良くない。そこで、アクアリウムの雑誌を古本屋で買ってきて、アレコレ観てみると、こんな単調な物ではダメだという結論に達した。で、もう一度やり直し。しかしこれも、「小学生の水族館の工作」の域を出ていないように見える。頭の中で、考えるのと、実際に作ってみるのでは、大きな落差がある。特に、作品を制作しようとしたのではないので、気楽に作り始めたものの、予想外に出来が悪い。箔を使えばきっとどこにも無いような素晴しいアクアリウムが簡単に出来ると思い込んでいたのであった。これ以降、次々と、作るが、気に入らない物ばかりという時期が続く。