2012-02-26_0031
お気に入りのアクアリウムが出来上がるまでに約20個前後の試作を繰り返した。完成の一つ前の作品がこれ。横長のサイズにしてみたところ、何かぴーんと来る物があった。出来上がってみると、やはりイマイチ。それでも、頭の中では、求めていたイメージが形を取り始めていた。すぐさま二つ目に取りかかる。夜中過ぎになっていたが、直感的に出来ると確信した。

08_アクア-4
完成 完成 出来上がり。私のアクアリウムの完成。このアクアリウムは私の宝物。
求める物に形を与えるとは、如何なる事かを、この時初めて識った気分。それまでも、ある程度は解っていると漠然とは思っていたが、それは、間違いであった。単なる妥協の産物でしかなかった様に思えてくる。ただ、未熟な若い時代にしか出来ない作品もある。想いが先走って、表現力が追いつては居ないが、後年振り返ってみても、この作品はこの時にしか出来ないと確信するものもある。しかし、このアクアリウムの作品を完成させて以降、制作に対する思い入れに大きな変化が起きたことを、私自身が一番感じている。