Img0982
王子様と結ばれなかった人魚姫は、王子を手に欠ける事も出来ず、ついには泡となって海に消えるのであるが、この悲しくも残酷なシーンを、あーでもない、こーでもないと想像をしたが、人魚姫の最後の心情を思うと、幼かった私は、この初めての悲劇物語にただただ戸惑うばかりであった。この絵は、全てをあきらめた哀しみの人魚姫である。
余談ではあるが、もし、人魚姫が王子と結ばれたとすれば、物語はかなり無理な状況に突入することになったであろう。色々と・・・・・・・・・
今では、「人魚姫」のテーマは、不可侵の運命共同体の掟ではなかったかと考えている。