P1100726
今日は天気が良かった。池の鯉の色合いも一層鮮やかで見事である。眺めていると、岩下のところへ一列に並んで、まるで5月5日の鯉のぼりのようである。これは一体鯉のいかなる習性によるものか。

P1100729
あちらでもこちらでも岩陰に群れている。眩しいのかな?家に帰ってネット検索してみることにした。

P1100734
検索した結果、鯉は、胃が無いので満腹感がなく四六時中餌を食べるので、餌のあるところに集まるらしい。しかし、餌が集まっているようには見えなかった。下水や排水溝もない。水の流れが特に緩やかでも無い。更に検索。鯉は群れるのが好きだということ。岩下に群れる原因の一つかもしれないが、まだ納得できない。更に検索。

P1100733
・・・あった。鯉は、くぼみに隠れる習性があるということ。なるほど、納得。池の鯉は、その習性によって、くぼみに群れていたのである。水の透明度が高いので、鯉の動きをじっと眺めていると、まるで自分が泳いでいるかのような錯覚を覚える。「出て来い 出て来い 池の鯉・・・・」という童謡の歌詞も、正に窪みに群れている鯉を呼び寄せようと、手をたたいたり、餌をやったりあれこれ孤軍奮闘している様子を表現しているのがよく分かる。ムム、共感を覚える。