P1100637
彩度の重心は上に。目線は上にある方がさくひんの重苦しさがなくなる。

P1100636
主題の花より背景のブルーの方が目立つ。主従逆転している。

P1100635
重心が上に、バックのブルーは控えめに。やっと出来上り。
何と便利になったことか。今までは、作品の撮影になると気が重くなって、仕上がりを見ると、失望感に打ちのめされたものであった。その上、撮り直しとなると、フィルムや現像の代金も必要となってくる。本当に立ち上がれない気分であった。それに引き替え近頃では、撮影後の処理が楽しい。天と地ほども違う。恐ろしいぐらいの科学技術の発達である。