P2200463
青い菊の花をお墓参りの時に見つけた。あまりに綺麗だったので写真にとっておいた。

P2200517
青い花は珍しい。まして青い菊なんてものはないと思っていた。青いカーネーションや青いスイトピー、それにあおいバラなんかは、青い色水に切り花を入れて色付けするものだと思い込んでいた。小学校や中学校の理科の時間の実験なんかでやる。茎の水を吸い上げる道管の実験である。

P2200457
しかしネット検索して驚いた。

「農業・食品産業技術総合研究機構花き研究所とサントリーグローバルイノベーションセンターが共同開発した「青い菊」が(2014年11月)14日、茨城県つくば市の国立科学博物館筑波実験植物園で報道陣に公開された。」という記事を産経新聞で読んだからである。

又、「青い菊の一般公開は世界初で、15日から24日まで。キキョウ科の植物「カンパニュラ」が持つ遺伝子を菊に導入し、青い色の色素を作れるようにした。花弁に色素がたまることで青紫色の花を咲かせる。」と書かれていた。

青い菊は、カンパニュラの花が含む色素デルフィニジンを作る遺伝子を組み込んで作り、現在は花びらのほぼ全てが青くなるまで研究が進んでいるということである。

P2200543
しかし、私が写真にとったこの菊の花は、色水で着色したものだと思う。これから先は、遺伝子改造か色水改造かを書いておかないと、食品偽装事件のように「花の色偽装事件」が起こるかも。・・・「花の色はうつりにけりなイタズラに・・・」

珍しいものは高値で売れる。青い花、緑の花、そして、次は、「赤い葉っぱ、ピンクの葉っぱ、紫の葉っぱ、青い葉っぱ」なのか。