P2300299
紙をもんで、マチエール(素材、材質によって作り出される美術的効果)を作ることは、箔地以外でも行われた。
これは、扇の地紙に雲母を引いて乾かし手でもんでシワを付けた後に もう一度平らに伸ばし光の方向によって様々に光る効果を狙ったものである。

P2300500
少し大写しにしてみるとシワの具合がよく分かる。

P2300499
マクロで写した画像を見ると、いろんなシワが面白いマチエールを作っているのがよく見える。

P2300297
このお茶扇は、骨董市で見つけたものである。銀箔地を手でもんでもみ箔の地を作って扇の折をかけ仕立てたものである。
もみ箔地の上に墨で草書体で和歌が書かれている。親骨はおそらく象牙もどきのプラスチック製、中骨は春慶塗り。近頃ではなかなか見かけられない扇である。

P2300502
拡大してみると銀箔の表念に無数のシワがよっているのが分かる。

P2300503
もう少し拡大すると、墨が弾かれているのが分かる。

P2300504
マクロ画像を見ると、シワになっている立体感がよく分かる。長年の間に、扇の山の部分が線状に酸化して黒く変色しているのが見て取れる。

P2300505
もみ箔の技法は、重厚感がある一方で、均一に同じ物が作りにくい。又、扇が分厚くなり、仕立ての折もかけにくい。そこで次に考えでされたのが、同じ効果を持ちながらも均一に同じものが作れるもみ箔の技法である。(次に続く。)