P1090265
ネット検索しても曖昧ではっきりしない。私自身も今まで名前で味が変わるわけじゃなしと思っていたが、そうではないらしい。

左が「お握り」と「稲荷ずし」、右側が「お結び」と「お稲荷さん」
左が東日本で、「濃い味」   右側が西日本で、「薄味」。

「東京と大阪・味のなるほど辞典」によるとそう書かれている。

P1090267
これは「お握り」。関東スタイル。外側に海苔を巻く。

民族学的には、「ぼたもち文化東日本」(外側味付け)と「まんじゅう文化西日本」(内側味付け)と区別するという。
そもそも、お握りが西日本由来と勘違いされるのは、平安時代の屯食が、古い文献や源氏物語にも出てくるというその辺りだろうと思う。
しかし、屯食(とんじき)の屯とは、握る、押さえるの意味で、人数の多い場合、器に飯を盛らずに握って間に合わせたのが屯食の起源とされている。
お握りは、携帯食品であり、ファーストフードである。よって、コンビニで売っているのはお握りである。

P1090269
一方、「お結び」は、京都御所に仕えた女官たちの言葉で、これが大阪船場に伝わり関西全域に広まった。

おむすびは、俵型に結びごまをふったもので幕の内弁当に入っていた。
しかし現在では、流通が発達し、西も東もない。要は、美味しければいいのである。

P1090270
稲荷ずしの発祥は尾張で油揚げにおからや酢飯をつめた。ところが、天保の改革で贅沢が禁止され、安価な稲荷ずしが人気を博したという経緯がある。「守貞漫稿」には、「江戸中期の天保年間に、袋型の油揚げの中にすし飯にきくらげかんぴょうを混ぜたものを詰め、稲荷ずし、篠田ずしとして夜売り歩く」と記されている。

P1090273
おいなりさんは、三角形の薄揚げをご飯に被せる。東の「稲荷ずし」のすし飯は、白いすし飯のままか、ごまを混ぜるぐらいで酢をかなり利かすのに対し、西の「お稲荷さん」は、ばらずしが多く、薄口醤油で煮た人参やごぼうなどを混ぜたすし飯を詰める。

これでやっと頭のなかがスッキリした。

私の知り合いの京都生まれの人が東京に嫁ぎ、「おまえは、調味料をケチる。」といつもなじられ、遂に、姑とのぼたもち喧嘩が度重なって、離婚してしまった人がいる。彼女はそれ以来アンコのたぐいの物は一切口にしない。食習慣というものは簡単に変えることが難しいということだ。