Img0364
病名「悪性リンパ腫」と聞いても、ピンと来ない。血液の癌らしい。
癌で亡くなった母の体質と似たような私は、きっともうそろそろかなと思っていたので「ああ、やっぱり来たか。」という心境ではあったが、
リンパの癌て何?早速ネットで調べ本を買い込み調べ始めた。もちろん息子たちも。

抗癌剤の化学治療がよく効くらしい。しかし、副作用も半端じゃない。この時点では、まだ頭はよく回転していなかった。何か人事のようでもあった。
心配事の大半は、「作品が作れなくなる?」ということばかり。

人は嫌なことからうまく目をそらす。私はひたすら制作のことに逃避したのかも。それでも、「死」という言葉が頭のなかをブンブン飛び交っていた。小さくなったり大きくなったりブンブンと唸っていた。

それでも、手術のない治療であるから、制作はできそうだと思うと、何となくホッとしたのをよく覚えている。
しかし、現実はそう甘くなかった。