P2390674
抗癌剤治療をする場合、病院側から口腔ケア-について指導されるが、どんな歯磨きを使うまでは言われない。
どうしても、副作用による唾液の減少、のどのイガイガ、味覚障害や吐き気が大なり小なり起こる。その際、練り歯磨きよりも、液体ハミガキのほうが口の中がさっぱりするし、口腔内の粘膜を傷つけない。マイルドななノンアルコールのものが良いのは言うまでもない。

P2390675
口腔内のリンスとでも言うべきバイオティーンはすぐれものである。唾液の減少による気持ち悪さを軽減してくれる。
歯磨きとリンスを日に5回ほどすれば、口内炎は予防できるようである。それから余り濃い強力なうがい薬は、かえって逆効果であるような気がする。
水道水には塩素が入っているので十分な殺菌力があると思われる。看護師長さんは、水道水だけでも十分だと言われていた。兎に角丁寧に回数を増やすことが大切である。