P2270791
京都府立植物園で見つけたダース・ベイダー。熱帯から温帯地方に自生する多年草の蔓草で、中央アメリカ原産。

P2270792
花の見かけに似て、食虫植物でかつ腎毒性があり、発がん性まである。

P2270793
アリストロキアの語源は、ギリシャ語のアリストス「最良」とロキア「出産」による。ある種の蝶にとっては、幼虫の時にこのアリストロキアの葉に含まれる毒性のあるアリストロキア酸を体内に取り入れることにより天敵から身を守るらしい。

P2270794
低木の常緑樹。ツルに咲く花は地面を這う甲虫などを捕食する。

P2270795
花は一週間ほどですぐ枯れるが、ツルには多くの蕾がついており、次から次へと咲く。日本にも同属のウマノスズクサがあるが、ダース・ベイダーには似ていない。もう少しおとなしげ。