P2400147
かなり以前、初めて魚屋で見かけた八角。断面が八角なのでこの名がついたらしい。その時は、この怖そうな魚に怖気づき買わなかったが、今回は思い切って買った。

P2400148
よくよく見ればこんな顔。ワニよりはずっとまし。それほど怖くはないが、問題はこの鎧のような皮。手で持つと痛い。

P2400150
ナイロン袋にイッパイ穴を開けたこの皮とヒレ。果たして包丁で切れるのか。

P2400153
ネットで検索して初心者でも出来そうな方法を選ぶ。とにかく真っ二つにしてフライパンで焼くことにした。

P2400155
勿論この捌き役は息子。意外に包丁は入りやすいらしい。まずは背中の方に包丁を入れる。頭も真っ二つ。

P2400156
次に腹皮を切り裂く。少しグロイ。

P2400157
意外と血は出ない。

P2400159
内蔵を取り除いて綺麗に洗う。

P2400163
綺麗になりました。

P2400164
フライパンで焼けば、一番無難。骨も食べれるかも。

P2400167
焼き上がり。頭をとってしまうと様にならないし、身の部分まで切り落としてしまうかも。

P2400168
塩味だけでも十分。はっきり言って、夏の八角は身が少なすぎる。味わうところまで行かないほど身がない。夏の八角は安いが買う値打ちがない。
それでも白身で淡白な魚だというのは分かった。よく焼けば、骨まで食べることが出来る。皮に比べて骨は硬くない。意外性に満ちた魚である。