P2380817
病室から見えた朝焼けの風景。病院の朝は早い。この階は、血液癌の方たちばかりなので、どうしても高齢の人が多いせいか、皆さん早起きであった。

P2380818
ビルに囲まれたこの病院にいると妙な気分になった。

三人に一人は癌になるとしたら、この病室から見える窓の向こうに居る人達は、残りの三分の二の人達に違いないと思えてくる。そして、3分の1の人達は、この辺りのビルに囲まれた病院で抗癌治療をしているのだと。この2つの世界は決して交わることがない。見えない透明の壁で隔てられている。そのことに誰も気づかない。柔らかい透明の壁。同じ朝焼けを見ても、透明の壁の向こうとこちらでは決して同じではない。