P2400821
丁葛の純金葛湯を最後まで残しておいた。もったいないからではない。金なんて食べるものではないという私見に基づくことである。

P2400822
袋の中の粉は、白い粉に黄色のゴミのようなものが混ざっている。

P2400823
お湯を入れてかき混ぜると箔が浮いてきた。

P2400824
しかし純金にしては、色が薄く感じる。

P2400827
純金の切廻しを仕事場から取ってくる。

P2400828
葛湯の上において比べる。

P2400829
この写真では分からないが、色合いの違いは一目瞭然。食箔として金や銀は認められているが、やはり純金と銘打つのならば、フォーナイン即ち、99.99パーセントの純度の純金箔を使用してほしものである。

味はただの葛湯と一緒。

関連記事
KEISUI ART STUDIO | 丁葛(ちょうくず)の「すっぽん葛湯」