P2410335
もらった焼きそば、「一平ちゃん夜店の焼きそばチョコソース」。

 

P2410336
ソースとして、チョコソースとココアパウダー、ふりかけとして、チョコ風チップが含まれているのが特色。

 

P2410337
右上の水色の部分には、「一言メッセージ」として

□いつもありがとう
□義理です
□4めっちゃ義理です
□お返し期待しています
□自分用です

と書かれてあり、該当するものにチェックを入れるようになっている。
この焼きそばは、2月14日のバレンタインデー用として開発されたものなのだ。
何だか悪い予感。ここで一首、「友チョコ 義理チョコチョコ 自分チョコ」字余り。

更に最期には、「FROM□□□□□」と送り主の名前を書くようになっている。

 

P2410338
作り方は、従来通り。

 

P2410339
恐る恐るフタを開けると・・・・・真っ先に、チョコソースの文字が目に飛び込んでくる。

 

P2410340
麺の上には、従来の液体ソース、そして・・・ふりかけ(チョコチップ入り)とチョコソース。

 

P2410341
お湯を注ぎながらふりかけとチョコソースを欠けなければいつもの焼きそばになるのではないかという考えに誘惑される。

 

P2410343
お湯を切る。・・・・思いは千々に乱れる。

 

P2410344
まず、焼きそばソースをかける。今ならまだ間に合うという思いに駆られる。

P2410345
しかし、思い切ってチョコチップのふりかけをかける。もう後戻りはできない。
こんなシチュエイション前にもあったっけ?

 

P2410347
潔く、チョコソースをかけるが、今日の寒波でチョコソースが粘っこくてなかなか出ない。いっそのこと固まって出なければいいのにという不埒な考えが頭をかすめる。

 

P2410349
お箸でまんべんなくかき混ぜる。手が震えてないか。

 

P2410350
意外といけるかもという百億分の一の確率に期待をかける。チョコレートと焼きそばの香り。いただきまーす。・・・・。。。。美味しい美味しくないは、食習慣によるものと確信する。

明星食品の責任者はこの焼きそばを完食したのか。・・・責任者出てこい!!!それとも、彼らは、異文化の食生活を送っていたのか?例えば、刺し身に砂糖をふりかけたら美味しかったとか。その延長上で思いついたのが、焼きそばにチョコだとか。そのうち「お汁粉ラーメン」がでてくるのかも。いや、日本独自のホワイトデイには、「マシュマロラーメン」だな。ソースはあま~いミルク味。

もし、バレンタインデ-にこの義理チョコをもらったら、「お前は大嫌い」という意味か。
・・・・ならば、山ほどこのチョコ焼きそばを買わなくては。定価は一個180円。これで嫌な奴の顔を見なくて済むのならお安いものであるが、お礼参りされたらどうしよう。一言メッセージの欄に「お返しを期待します」というのがあったではないか。複雑な胸の内。確かなことは、「自分用」の欄に、チェックを入れることは、今後絶対にありえない。絶対に!とにかく、第一番目に送らねばならない相手は、明星食品の開発担当者と新商品発売の責任者。お返しに「普通の一平ちゃんの焼きそば」を期待する。

関連記事
KEISUI ART STUDIO | ホワイトデイはコストコのジャイアントマシュマロで