P2260373
最近、ネイルのトップコートとして光硬化樹脂が使われるようになった。光硬化樹脂というものは、ある特定の波長の光に反応して硬化する。太陽の光は、あらゆる波長の光を含んでいるので、特別なライトを必要としない。天気のいい日に、この光硬化樹脂を使ってアクセサリー等を作るのも楽しい。息子たちのホワイトデイのためや、学校のバザーなんかのためにたくさん作ったものである。

P2400122
色んなグリッターは、百均ショップのネイル用品売り場で売られているので、たやすく手に入る。

 

P2400123
グリッターは、ポリエステルフィルムにアルミを真空蒸着したものを細かく細断したものである。その他には、アルミや銀の色箔を細かく砕いたものなども使う。

P2400126
これらは自作の箔シートを使ったもの。

 

P2260356
右端のものは、帯の切れ端や金属糸、金メッキされた小石などを樹脂で固めたものである。

 

P2260368
これは、引箔の帯を作る装飾糸を使っている。樹脂で作ったものを2層に重ねると更に豪華に見える。

 

P2260359
ピンクのグリッターで作った小さな樹脂の粒を大きな樹脂の上へデコレイトしたもの。

 

P2400128
作り方は色々あるが、できるだけ光の陰を作らないために一重に並べる必要がある。
一番楽な方法は、粘着テープに一重に箔を接着した上に、光硬化樹脂を竹串で垂らした後、太陽光に当てて硬化させる。

 

P2400129
これは純金箔とホログラフィのグリッターを幅広の粘着テープに拡げ、余分なものを取り除いて一重に貼り付けたものである。

 

P2400130
樹脂の形に綺麗に抜ける。テープの粘着力はやや弱い方が良いが、綺麗に剥がれない時は、裏面から温めればすぐに取れる。
こうして作った樹脂にアクセサリー用のパーツを2液性のエポキシ樹脂で取り付ければ良い。

 

P2260364
透明なままで残すとガラスのような感じになる。

 

GGZ_4791
丸く樹脂を落とすだけではなく、葉っぱの形なんかにおいてみるのも楽しい。
P2260370
銀箔を細く切って入れたものなんかも涼しげで夏のアクセサリーとしてとても良い。
P2260378
この画像は、ちょっとアレンジして撮ってみた。