P2410114
すっと以前に琥珀糖を作ろうとして失敗したので、再挑戦。失敗の原因はかき氷用の蜜をたくさん使ったので、砂糖が結晶化しにくかったらしい。急に思い立ったので、家にあるものでつくる。まず、水200グラムに粉寒天3グラムを溶かす。

P2410116
粉寒天は溶けにくいので、蒸発する水分を考えて少し水を多めに入れる。

P2410115
グラニュー糖280グラム。この時は、グラニュー糖がこれだけしかなかった。

P2410118
寒天液に砂糖を入れて溶かす。

P2410119
ガスストーブの上でゆっくり溶かす。兎に角、焦がさないように。糸を引き始めた時点ですぐに火から下ろす。

P2410122
テフロン加工のバットを用意する。

P2410123
今回はアルミ箔にしわを寄せた上に流し込む。

P2410131
食用紅と香料としてストロベリーを使用。香は先につけてしまう。

P2410132
ガタガタのマチエールを出したいのでアルミ箔にシワを寄せた上に流し込む。

P2410133
少量の砂糖液に色粉を溶かす。濃淡を付けたいので、ムラムラに色を付ける。均一で良いのなら、香料と着色料は一緒に入れる。

P2410136
粗熱を取って冷蔵庫へ入れて冷やす。

P2410137
スプーンで切り分けて、離型紙の上で乾燥させる。

P2410138
一日目で少し結晶化が始まる。

P2410140
2日目。かなり固まってくる。

P2410141
ガタガタした表面が面白い。

P2410208
3日目。ほとんど結晶化している。

P2410252
4日目。完全に結晶化した。何日も乾燥させるので、ホコリよけが必要。

P2410269
もう少し厚くしたほうが良かったかも。

P2410211
今度は、緑の食用着色料とペパーミントの香料を入れた琥珀糖を作る。

P2410245
今回はテフロン加工のバットにそのまま流しこむ。

P2410247
冷やして固まったところで、スプーンで切り分ける。

P2410254
1日目の終わり頃から結晶化が始まる。

P2410272
2日目。かなり表面が固まってくる。

P2410308
5日目で、完全に結晶した。

結論として粉寒天を使用する場合、粉がすぐに溶けないので水が蒸発して砂糖の濃度が高くなりすぎるが、目安として、お箸で砂糖液が糸を引き始めた時点で火から下ろせば失敗はない。例え固まらなくても気長に乾燥させれば良い。

色々作った結果、粉寒天を使うと、溶けにくいため水分が蒸発して、砂糖はなかなか溶けないし、切り分けにくいので、粉寒天を使うより糸寒天を使ったほうが作りやすい。

関連記事
KEISUI ART STUDIO | 琥珀糖の作り方-Ⅱ(3層の琥珀糖を作るのに成功!)
KEISUI ART STUDIO | 琥珀糖「虹のかけら」をいただいた。
KEISUI ART STUDIO | お菓子司「河藤」の琥珀糖・「割氷」