P3440162
店頭で、物々しくパッケージされたバナナに興味を惹かれた。よく見ると、バナナではなく、「バナップル」と書かれている。価格が150円(税抜き)と安価なこともあってタダチーニ購入。

P3440163
スミフルが開発したアップルのような味わいのバナナ「バナップル」。決してバナナとりんごを掛け合わせたものではない。むしろバナナの原種に近いらしい。

P3440164
バナナに比べて太短い。先細りな部分はない。

P3440165
白い粉のようなものがバナップルの一面を覆っている。

P3440166
よくよく見ても粉なのか細かい毛なのかよく分からないが、手につかないので毛のようなものかな。

P3440167
パナップルだけを見ていると、バナナと何処が違うのかと思うけれど、2つを比較するとぜんぜん違う。まず先っぽがバナナと違う。

P3440168
皮を剥くと、バナナ独特の表面のシワが殆ど無い。左がバナナ、右がバナップル。

P3440169
パナップルは皮の厚さがかなり薄い。

P3440170
バナナは、シュガースポットという黒い斑点が糖度をますと現れるが、パナップルにはそれがなく、全体的に茶色っぽくなるだけである。

P3440171
皮が薄いため少しの圧迫に対して中の果実が凹んでしまうため、保護パッケージを必要とする。

P3440172
バナナに比べてキメが非常に細かく、手で2つに折るとスジを引く。

P3440173
断面を比較してみる。左がバナナ、右がバナップル。バナップルはバナナの原種に近い品種のため、まれに種が口に残ることがあるらしい。バナナの種はほとんど退化している。

バナップルの味は、バナナ独特の味と香りは殆ど無く、甘酸っぱい上品な味である。個人的には、バナップルのほうが格段に美味しく感じる。りんご好きの人は、タダチーニ気に入ることうけ合いである。