P2400480
スギナ茶の効能は、解熱、利尿、鎮咳作用などがあり、詳しくは、次の「健康茶」のサイトを参照。
スギナ茶【すぎな茶】作り方、効能、効果などの情報

春になると、スギナがあちこちで見られる。自家製で作るのは、後回しにして、見本として薬局で買ってくることにする。後で気がついたのだが、スーパーのお茶のコーナーでも置いていた。

 

P2400481
スギナの有効成分は、たくさんあって、覚えきれない。まず、ビタミンとして、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE。ミネラルとして、カルシウム、ナトリウム、カリウム、鉄、亜鉛、マンガン、銅。その他に、葉緑素、珪酸、サポニン類など。

 

P2400482
入れ方は、おヤカンで煮だしても、急須で入れても良い。

P2400483
中はアルミパックが2つ。それぞれに10個ずつティーバッグが入っている。

P2400484
ティーバッグ一つには、3グラムの乾燥させたスギナが入っている。

P2400485
ハーブを入れる急須を十分温めておいてから熱湯を注ぐ。

P2400486
綺麗な黄色のお茶ができる。味はというと、美味しいとまでは行かないけれど、まあまあ飲みやすい。
風邪を引いているので、このスギナ茶を飲んでおとなしくしておこう。