P3440562
糸のようなきのこ。名前は、「やまぶしたけ」。山伏の胸に付けられる飾りの白いボンボリに似ていることに由来する。

P3440563
パッケージの裏に、親切なことに「料理の前に」と但し書きがある。

P3440568
細くてもやもやしたきのこ。ネットで調べると油をすごく吸うらしく注意とある。

P3440569
長野県で生産されている。

P3440570
パカっと2つに割って石づきの部分を包丁で取る。

P3440571
意外と型崩れはしない。思いの外しっかりしている。

P3440572
卵焼きにそのまま入れて焼くことにする。

P3440573
卵を溶く。

P3440574
牛乳を加える。

P3440575
ヤマブシタケを細く割いて入れる。

P3440577
フライパンに油を引いて流しこむ。塩コショウをする。

P3440578
フライパンにフタをして蒸し焼きに。

P3440580
固まったら2つに折る。

P3440582
出来上がり。ナイフで切ろうとしたが、きのこが切れない。仕方なく包丁で切った。このきのこは見た目と違って繊維の方向には切れにくい。噛みごたえもある。卵焼きにするのは正解である。茸の香りはかすかではあるが、食感がいいし、美味しい。卵との相性がピッタリ。語彙不足でうまく表現できないが、食べてみれば解るはず。