P1000155s
ミニサイズで創った抽象画。

P1100461
写実的に絵のかけない人でも直ぐにできる。

P1100457
素材はなんでも良い。アクリル絵の具、色鉛筆、クレヨン、墨、色紙、包装紙、糸、布、木、石、金属、ガラス、プラスチック・・・・身の回りにあるものが何でも材料になる。

P1100456
写真や本、新聞紙なんかも切って貼ると趣が変わってくる。

P1100452
ミニ額も自分で作れたら創ったほうが良い。既製のミニ額の周りに自分で装飾するのも楽しい。

P1100427
思い出の品で創ってみるのもユニークな作品ができる。

P1100419
近頃では、厚さ3センチぐらいまでなら平面作品とみなすらしい。

P1100412
お絵かきソフトを使って、描くのも良い。

P1100403
お絵かき変換ソフトで、「・・・風」、例えば、写真さえあればゴッホ風とかルノアール風に一発変換してくれるソフトすらある。

P1100376
難しく考えなくてもいいのである。絵日記の延長線上。

P1100369
そんなものでも100枚ぐらいになれば、オリジナルコレクションである。

P1100364
そこには自分の生きた証がある。

P1100361
30点ぐらいを選んで小さいギャラリーで個展を開いてみると、そこから人生を見る目が変わるかもしれない。

P1100357
暇つぶしにゲームに明け暮れていた自分を卒業して、クリエイターの仲間入りをできるかもしれない。

P1100348
抽象画は何の制約もない。

P1100340
自由である。

P1100336
日常生活や、仕事では思いのままにはならないことだらけ。

P1100333
せめて、好き勝手出来る時間を作る事はストレス開放にとてもいい。