P3450348
残り物の柿の種を貰った。只、プレミアムな高級柿の種「TANEBITS]だそうだ。

P3450349
何と言う厳かさ。

P3450350
「五色豆」というのは知っているけれど、「五色柿の種」である。

P3450351
一般の柿の種の7倍の値段。内容も7倍おいしいのか。

P3450352
焦がし醤油、唐揚げ、天ぷら、さくらスモーク、たまり二重漬。

P3450353
この装丁にはびっくり。

P3450354
本のようなデザインになっている。

P3450355
本のイメージは知的で高級なのか。

P3450356
中はこんな具合。この箱は後でポケットティッシュ入れになる。

P3450357
本当は5つ入っているが、なにしろ残り物なので3つしか無い。

P3450358
大きさは、普通の小袋と同じ位。これ一つで100円。

P3450359
中身は少ない。私の好きなピーナッツも入っていない。

P3450360
からあげ味。食べてみる・・・まずくはない、むしろ美味しい。しかし、普通の柿の種の7倍の美味しいかというと決してそんなことはない。

P3450370
四月の限定発売なので今頃食べているヒトはいないだろうと思いつつ次のケースにとりかかる。

P3450371
この高級柿の種の企画は、きっと製造元泣かせだったのではないか。

P3450372
天ぷら味の柿の種。

P3450373
試食・・・これはかなり気に入った。

P3450418
さくらスモーク味。

P3450419
見た目は何も変わらない。

P3450420
試食・・・味は普通とは一味違う。倍ぐらい美味しい。

P3450439
焦がし醤油味。

P3450440
どのように作ったのかな。限定品だからきっと大変だったと思う。

P3450441
試食・・・おこげのような味がもう少ししてもいいかも。

P3450442
たまり二重漬。

P3450443
普通の柿の種よりテカリが多い。

P3450444
試食・・・甘口の柿の種の味。従来の柿の種の勝ち。

結論としては、柿の種は高級品には向かないということ。一番の要因は、柿の種は小さくて安価だという既成概念があるから。同じ高級化をするなら大きなオカキが良かったと思う。大きければ、プラスアルファの加工も目立つであろうし、一枚100円でも納得されたはず。それともプレミアム商品の企画は意外性だけを狙ったのかもしれない。それならば成功と言わざるをえない。好奇心には勝てず、次々と開いて試食しては「ああだ」「こうだ」と家族で感想を述べ合い楽しいひと時を過ごすことが出来たから。