P3350364-4
光とともに、この宇宙船に乗ってやってきた宇宙人がいた。

P3350364-1
地上転送装置で地球に降り立ったのは・・・・・・・・

P3350364-x
一人というか一匹というべきか、兎に角このETのみが一人ボッチでこの地球にやって来た。この物々しい宇宙服を着なくても地球という惑星の大気はこのETにとって問題はないと判明。

P3350476-x
ETは宇宙服を脱ぎ捨て、国連の大使達との会見に臨んだ。このETの姿は、コケコッコのおばさんに似ているようだとテレビ中継を見ていた地球人たちは思った。約5時間に及ぶ会見は、言語の壁に阻まれて何一つ意見を交わすことなく終わった。コケコッコETは、何だかピーピー泣きながら怒って元の宇宙船に乗り、遥か彼方に飛び去った。映画だと、はじめから英語をしゃべる宇宙人が登場したりするのであるが、現実はそううまくは行かないのである。しかし、宇宙船を呆然と見送った地球ではその後大変な騒ぎになったのは言うまでもない。その経済効果は大きく、世界的な経済の停滞はあっという間に解消されたのである。人々はこの時期をきっと「ET景気」と呼ぶのであろう。-完-