p3710360
このヘチマのような長ーい代物は、カボチャである。全長40センチぐらい。表面は白っぽい灰緑色。日本画の緑青の細かい岩絵の具の色によく似ている。表面は滑らかである。
名前は、すくなかぼちゃ、若しくは、飛騨カボチャ。岐阜の伝統野菜の1種である。出始めの頃は1000円を超えていたという。

p3710362
断面を見て分かるように肉厚である。

p3710364
初めてなので一応薄く皮を剥いた。

p3710365
縦割りにしても、肉厚は変わらない。

p3710366
カボチャは、種のあるワタの部分から腐ってくると言われるので きれいに種は取り除く。

p3710367
半分は今日食べるために煮付けにする。

p3710368
京揚げを入れて味をつける。

p3710384
出来上がり。味は普通のかぼちゃと同じ。なかなかいいお味。一つ気に入ったことは、包丁を入れる時切りやすいということ。力のない女性向きかも。

p3710370
残りは、切らないで茹でておく。明日はグラタンにしてみよう。この南瓜は輪切りで使ったほうが見場が良いと今になって思う。輪っかの中にミンチ肉や卵を入れて焼いたり蒸したりすべきである。今更、もう遅い。