p3740004
MICROMAKEの3Dプリンターが届きました。

p3740005
FEDEXや4PX、日本郵政などを通して届いたようです。

p3740006
上蓋を撮ると手紙と部品の一覧表が入っていました。

p3740007
3Dプリンターの部品一覧表にはチュートリアルビデオを見るように3回書いてあります。
説明書のpdfよりチュートリアルビデオを見たほうが解りやすいのでしょうか。

p3740008
親切にも買ってくれてありがとうと言った内容の手紙も入っていました。
前回のセラーと違いこのような手紙を入れているのは驚きです。

p3740010
箱の中には箱が3つはいっていました。

p3740011
3つの箱を開けてみるとこの通りパーツが整然と入っています。

p3740012
worry freeのバージョンを買ったのでフレームの組立てにくい部分は既に組み立てられていました。
フレームを組み立てる際は長めのボールレンチがあったほうが組み立てやすいので調整などをする場合は用意しておきましょう。

p3740013
モーターや制御基盤も実装済みです。

p3740015
制御基板はMKSボードのようでピンの個数や挿し位置が改良されているようでした。
モータードライバは制御基板と一体なので交換不可のようです。

p3740017
フレームと一緒にネジが大量に入っていました。
既に組み立て済みなのでこんなにネジはいらないはずなのですがよく分かりません。
エクストルーダーも組み立て済みです。
LCD用の保護ボックスだと思われるアクリル板やXYZ軸用のベルトも入っています。
ねじは一部機械油まみれだったので袋から開ける際は注意しましょう。

p3740018
こちらはもう一つの箱です。

p3740021
中身はこのような感じでSDカードや組み立て済みのホットエンド、ホットエンドの予備部品?がいろいろはいっていました。

p3740022
中国国内でも買う人がいるのか電源の変換プラグも入っていました。
またラフト剥がし用のヘラも入っていました。

p3740023
スプールホルダーもアクリル板をレーザーカッターで切った簡易なものが入っていました。

p3740024
印刷するベッドのようです。
強化ガラスか何なのかはよく分かりませんが光にかざすと透けてしたが見えてました。

p3740025
付属のACアダプタは日本国内でもすぐに使えるACアダプタでした。

p3740026
フィラメントにはPLAとしか書いておらず詳細はよく分かりません。

p3740027
PCと接続する際のUSBケーブルが付属しています。

p3740028
制御基板につけるためのLCDです。
キャラクタLCDのようです。

p3740029
ホットエンドはこの通り組み立て済みです。

p3740030
SDカードです。
5年保証と書いてありますが故障した際は何処へ送るのかよく分かりません。

p3740032
リニアガイドとそれを取り付けるフレームの一部です。
リニアガイドは機械油がかなり大量に塗りつけられており素手でいきなり触るのはやめたほうが良さそうです。
全体としては前の3Dプリンターよりよく整理されており全体的に親切です。
デルタ3Dプリンタを組み立ててみたいがよく分からない人はよく分からないところで買うより、MICROMAKEのworry freeバージョンを買ったほうが安心だと感じました。