p3740241
シュトレンはパン屋さんでのみ売っている。これは11月下旬にパン屋さんベサメルテで買ってきた。

p3740243
賞味期限が12月25日でないのでちょっと迷ったが、もう一つ別なシュトレンを買えばいいことにした。
シュトレンはドイツ語のスペルで【stollen]なので、シュトーレンではなくシュトレンが正しいそうである。

p3740244
シュトレンは何故か二つ折りにしてある。幼子イエスのおくるみに見立ててのことだそうである。

p3740245
フルーツパンの表面に溶けたバターを塗って粉砂糖をいっぱい振りかけてある。この形のシュトレンは,「ドレスデン風シュトレン」と呼ばれている。
詳しくは、次のサイトを参照に。
シュトレンはどこから来たの? – ドイツ生活情報満載!ドイツニュースダイジェスト

p3740246
断面を見るとフルーツやナッツ類がたくさん入っているのが分かる。粉砂糖の層もかなり厚い。

p3740250
粉砂糖ベタベタなのでかなり甘い。試しに、中のパンの部分だけを食べてみたら何の事はないただの硬いフルーツパンだった。

p3740487
上記のシュトレンがなくなった頃次のシュトレンをいただいた。

p3740488
Weihnachten(ヴァイナハテン)は、ドイツ語でXmasの意味。

p3740489
このシュトレンは12月15日の賞味期限である。

p3740491
このシュトレンは粉砂糖が少なめである。

p3740493
断面はこんな風。ドライフルーツやナッツ類が入っている。

p3740494
食べてみるとこれもかなり甘いが、中のパンの部分だけだとやはり大して美味しくない。要するに、粉砂糖でもっているような感じである。
今回、初めてシュトレンのようなものをホットケーキミックスを使って作ってみた。粉砂糖は振りかけないのであまり甘くはないが、程々で食べやすかった。

p3740778
ズボラな作り方ではあるがけっこうおいしい。卵、牛乳、ホットケーキミックス。もしあれば、アーモンドプードル(アーモンドの粉)。

p3740779
使い残しのドライフルーツ各種。レーズンだけでもいい。

p3740781
粉っぽさを消すために洋酒(なんでも良い)、バニラ、シナモン、カルダモン等。

p3740782
すべてを混ぜ、炊飯器に油(オリーブオイル、バター等)を引いて流し込む。「焼く」に合わせてスイッチを入れる。

p3740830
40分で焼きあがった。

p3740831
ひっくり返すと、こんがりきつね色。

p3740832
断面はこんな風。好評であった。炊飯器はご飯だけでなくいろいろに使えるので便利である。