キョウリュウさん「僕が骨っぽいせいか、お客さんも骨っぽいのが多いんだ。今日は、ガイコツさんを運ぶんだ。」


キョウリュウさん「一人ずつだよ。よいしょと。これでは前に進めないよ。」


ガイコツさん「恐竜さんの背中に乗せてよ。」


キョウリュウさん「大丈夫かな?」


ガイコツさん「なんとか乗れたかな。おっとっとっと・・・!」


ガイコツさん「あーあ、だめみたい。痛いよー。」
キョウリュウさん「やっぱりね。無理っぽかったのよ。」


ガイコツさん「これなら、なんとか安定していると思うよ。」


キョウリュウさん「ゆっくり行くからしがみついていてね。」


キョウリュウさん「もう少し安定していないと怖くて歩けないよ。」


ガイコツさん「これならいいでしょ。僕が前を見ていてあげる。」


キョウリュウさん「ガイコツさんにはいいかもしれないけれど、僕にはちょっと無理があると思うよ。」


ガイコツさんたち「ありがとう。よかたね。次からもボーンタクシーにしようね。ね。ね。」
キョウリュウさん「(この人達、これ以上死ぬこともないし、どうしたらいいのかな。・・・)」