ナオコさんから戴いた鯛焼。何やら物々しいパッケージと印刷物。


「ここの鯛焼は他のとひと味違うのよ。」と彼女は言うが、「ふーん」とだけ生返事する私。


きっとこの外側にお金がかかっているんだと思ってジーっと見つめる。


ホントはもっと入っていたのだけれど写真を取るのも忘れてもぐもぐ。


この鯛焼、ふつうじゃない。普通の鯛焼は外も内もふにゃふにゃ。中の餡子はベタ甘。しかし、この鳴門の鯛焼は、外側がパリパリで中の餡子がフワフワ。アンコも自然な甘さ。


なんという素晴らしい食感と自然な甘さ。


その上、ジーっと見ていて分かったのだけれど、この鯛焼の姿形がいつもの鯛焼と違うのである。しっぽが大きくそっているし、面構えも立派。


この鯛焼さんは何ゆえか付けまつげ?


小豆の餡といもあんがある。


この鯛焼は、天神橋で買ってきたようであるが、ネットを見ていると、東京、京都、兵庫、大阪、岡山にも鳴門鯛焼本舗はある。
店舗案内 – 天然たいやき!鳴門鯛焼本舗


温め方もちょっと違う。このままでレンチンすると、パリパリがカチカチになるので水をつけてからレンチンをするようである。、納得。
ちょっと高くても買う値打ちはある。私はお年なのでたくさんは食べない。近頃は「美味しいものをちょこっと」というのが私の心がけ。何もかもが私にピッタリの鯛焼。
私のための、私の鯛焼。お正月の鯛はこれでいいかも。