秋に売れ残った松茸ご飯の素が少し安くなって売り出されている。


しかし松茸ご飯の素の中にはそれほどたくさんの松茸が入っているわけではない。


そこで登場するのが、代用松茸のエリンギである。しかし、最近ではエリンギを松茸の代用品にすることが知れ渡っている。


そこで考えついたのが、エリンギを直火で焼いて焦げ目をつけるという方法である。


焦げ目が松茸っぽく見えないこともない。しかし、食感と味はどのように変化するのかちょっと心配でもある。


松茸ご飯の素の上に焦げ目付きエリンギを加えて炊飯器で炊く。


出来上がり。


これは接写で写真を撮っているのでエリンギが焦げただけだと分かるが、普通に見ると松茸と見間違うばかり。食感はと言うと、歯ごたえが倍になってなかなかいい。味の方であるが、焦げても全く苦味はないし、松茸ご飯の素が染み込んで松茸っぽい。只困ったことに、本物の松茸を偽物ではないかと疑われたのには参った。本物の松茸は集めて自分のお茶碗に入れることをおすすめする。証拠隠滅。