リサイクルショップで見つけた陶器のピエロ。


白、赤、黒のシンプルさが気に入った。


もう一つのピエロも買った。


40センチぐらいもあるひょろ長いピエロである。石粉粘土の流し込みのようで、彩色は、後からの手描き。メイド イン チャイナである。


妙にリアルでちょっと気持ち悪い。


風船も不自然かな。それでもなぜ買ったか。


買った理由は、あまりに安いから。もとはダイソーで売られていたようであるが、最近では、こんな大きな人形は見かけない。きっとかなり以前のものであろう。ハードオフでは、百均の商品は必ず50円である。今ではこんないいものはなくても百均のものは50円である。その一方で、つまらないものが300円、500円の値段がついている。百均のものでも担当者が知らなかったら300円の値札がついている。

 

白いピエロは300円である。まあ、こんなものだろう。

2つのピエロの値段の落差は大きい。5倍の差がある。ダイソーの創業が、1977年であるから、初期の頃は今では考えられない上質ものがたくさんあった。