京都ボンボン堂のリキュールボンボンを買ってもらってから、どうしても、八雲製菓のウィスキーボンボンが気になって仕方ない。一日中思い出す始末。
そこで思い切ってアマゾンで買ったら、今日届いた。
【関連記事】
KEISUI ART STUDIO | 砂糖菓子・ボンボン堂の「リキュールボンボン」27グラムは軽すぎか?


京都ボンボン堂と八雲製菓とでは作り方が違うらしい。八雲製菓のボンボンは製法特許を取得している。
100グラム180円でボンボンをぼんぼん作れる特許なのだろう。特許1032085号を見れば書いてあるのだろう。


八雲製菓の袋に、「わたしゃボンボン可弱い体 無事につきたや 主のもと」なんて書いてあるので、この八雲製菓のボンボンが壊れていないか、開いてみるまで心配したけれど大丈夫であった。


180円のものを買って送料が570円は納得がいかないので、3個買った。これだけで540円である。


100グラムで22個入っている。


京都ボンボン堂の箱に入れて比較してみる。


八雲のボンボンのほうが一回り大きい。
で、味の比較はと言うと・・・比較にならないほど京都ボンボン堂のリキュールボンボンのほうが美味しい。もし、人にすすめるとしたらこの選択は難しい。
情報だけを教えて選択は人に任せるのが賢明のようだ。