このマティエールを出すのに一苦労。山ほどの失敗を出したが、結局は墨で成功した。


墨とホログラムの箔がこんなに合うとは以外であった。

眠れぬ夜に闇を見つめていると、何やら得体の知れないモヤモヤが見えてくる。そのモヤモヤが、まるで生き物の様に動き続ける。目を閉じると尚悪い。想像力が勝手に働いて妖怪まで見えるような気がしてくる。そんな時は早く夜が明けるのを待つばかり。しかし、不思議な事に、作品にしてしまうと何という事も無くなってしまう。