今回は、金色ホログラムの転写箔を使ってパーツを作る。このパーツはそのままアクセサリーにもなる。


花びらのような、葉っぱのようなパーツが出来た。


以上の中から5個を使う。グリーンのオーロラフィルムの入ったものは統一が取れないので除く。


この台紙は、かなりインパクトが強いが、UVレジンで作ったパーツもかなり強烈である。


頭の中を瞬時に湧き上がるエネルギーによって、インスピレーションからイメージへと形を創るさまを抽象的に表現。


平面のバックがいかに強烈でも、3次元の物体には及ばない。