これは、金色銀箔で作った割れ箔の隙間にブルーのグリッターを詰め込んだシートで作ったUVレジンのパーツである。


これはホロ箔とブルーのグリッターでできたUVレジンのパーツ。


レジンパーツの上に小さなブルーのパーツを重ねてある。


これは、ブルーのグリッターだけではなくホロのグリッターも入れてある。


こうして色々なブルーのパーツを作った。


ホロの転写博とアクリル絵の具でバックのシートを作った。


土台のシートの上にUVレジンで作ったパーツを接着剤で貼り付けた。


ただの2次平面に比べて大きなインパクトがある。


樹脂で作ったもんはアクセサリーに使うものという思い込み故に、この様な作品は今日まで作ってみようとも思わなかった。


ブルーのレジンの花は、思いの外神秘的で気に入っている。


露がたまったような輝きが美しい。