スイスチャードと書かれたカラフルな菜っ葉。見た目には美味しそうには見えない。ほうれん草の仲間らしい。


食わず嫌いは嫌いなので買って帰る。ネットで検索すると、ほうれん草と同じように料理すれば良いと書かれてあるが、この太い茎を煮るとかおひたしなんぞにはちょっと向かない感じ。


何とカラフルな茎なのか。こんな色の絵の具がほしい。


葉脈も赤い。


じゃぶじゃぶ洗ってみるが、ほうれん草よりずっとしっかりしていて肉厚。


炒め物にすることにした。


人参とエリンギを加えて炒める。


最後に油抜きをした厚揚げを入れて更に炒める。フカヒレスープの素をかけて出来上がり。ほうれん草ならこれぐらい炒めたらヘロヘロになってしまっているが、スイスチャードはびくともしない。流石である。お味は普通。敢えて言えば、ほうれん草独特の味と香りはしない。とは言っても、近頃ほうれん草自体余り香りも味もしなくなってきているので、この差は大したことはない。