スキージーのような硬い板で絵の具を引っぱって描くというやり方は、兎に角早く絵ができる。
絵の具のたまりもそれらしく、手描きではないのに味がある。


水性絵の具の中にすこしPVA(化学合成洗濯ノリ)を入れるとかなり薄く滲んだ感じになる。
4つ切り画用紙のこの絵を描くのに約1~2分。


この絵は、黒の水性アクリル絵の具で描いて乾かしてから、シロの絵の具で上から描き加える。


上から箔を加えてみた。少し複雑になって面白い。


だんだん描き慣れてきたので構図を考えながらゆっくり描く。


本日の総仕上げ。絵の具に工夫をこらしつつ構図を考えながら虫虫してエイヤッと一気に描く。

保存