魚屋で飼ってきたニシン。ニシンの丸干しである。普通、お店で買ってくるニシンの干物は、内蔵もとって開いた半身である。然るにこのニシンの干物は丸っぽでお腹が膨れているし頭もついていた。焦って焼く前の写真を撮り忘れてしまった。


黒焦げになった頭を引っ張ると骨がいっしょに抜けた。


あまりに見事に抜けたので感激してしまって記念撮影。


中を開くと数の子が入っている。


数の子と言えば、お正月に食べる塩数の子の醤油漬けぐらいしか知らない。数の子の丸焼きは初めて食べる。すだちをかけて食べてみたがなかなか美味しい。


一匹が300円だったが、それ以上の値打ちがあった。どうして今までこの形のニシンに巡り合わなかったのか悔やまれる。こんなにも美味しいとは思わなかった。これからは魚屋さんでは、もっと目を光らせていよう。