ココナツを息子が買ってきた。


しかし、硬い殻に穴をあけるのは至難の業。包丁の付け根で切れと書いてある。


包丁の刃なんて全くたたない。


底のほうが未だ包丁で切れそう。


これだけ切っていると息子が2階から「待て、待て。」と言って降りてくる。


すごいドリルを持ってきた。


あっという間にてっぺんに穴が空いた。私が「粉が中に落ちてしまった。」と言うと、「このドリルの先は粉が下に落ちないようになっているんだ。」と息子。


で、ストローを刺して、二人でココナツジュースを飲んだ。粉は入っていなかった。


粉は上にだけ溜まっている。


このようなドリルを、スパイラルステップドリルという。チタンコーティングで結構高い。


このドリルは、クズを全て上に巻き上げるようになっている。初めて知った。しかし、ココナツの穴専用ドリルではない。


もう一つ穴を開けてミルクを入れてココナツジュースをすすいで飲んだ。こんなことをするのは勿論息子である。私ではない。