あちこちで見かけるメイトー(meito)のワンズバー「日本酒」ホワイトチョコレート。たしかに日本酒のチョコならホワイトであろうが、何となく日本酒とチョコはミスマッチのような気がしていつも眺めていた。しかし、好奇心の虫が頭を持ち上げてきて遂に買ってしまった。


アルコール分0.2%なら、お子様級。日本酒香料と言うものが入っているらしい。
調べてみると日本酒の芳香成分は酢酸イソアミルと言うものだと書かれてあった。


日本酒風味のホワイトチョコレートとは書いてあるものの、甘口とも辛口とも分からない。


原材料名を見ると、粉末酒と書かれている。粉末のお酒があるのだ。早速調べる。
佐藤食品工業という会社が開発して今では有名だそうである。梅酒、清酒から、各種洋酒の粉末まである。なるほど。
佐藤食品工業株式会社


一箱で164キロカロリーならまあ許せる範囲。何しろ一箱28グラムしか無いのだからそんなものかもしれない。


開けるとスティック状の小袋が3つ。


小袋の中には細いホワイトチョコのスティックが入っている。クンクン匂いを嗅いでみるが、日本酒の香りはまだわからない。

断面を見るも、特に何も入っていない。で、試食・・・ん?・・・ナニコレ?微かに、ほんの微かに日本酒らしき味がするようなしないような。ホワイトチョコの美味しさもあまり無い。この商品開発はきっとかなり難しかったのだろうことがうかがえる。かすかに酒粕のような味がする。まずくはないが、特に美味しくもない。予想の範疇であった。一応、気が収まった。

何も言わないで息子に食べさせたら、「このチョコ、あんまり甘くないなあ。」という感想。日本酒味だというと、「言われてみればそんな気もする。」って。