店頭で、たまに見かけたことのあるアイゴという名の魚。思いの外安かったので早速買った。


何ゆえか、鰭(ヒレ)が切り落とされている。ネットで調べてみると、この鰭に毒があるということを知る。
御大熱帯水域に広く生息していて雑食性の白身の魚である。
匂いが臭いと言うがクンクンしてみたがさほどではない。丁寧に水洗いをする。
アイゴ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑


小さい方の一匹は塩をして焼く。


大きい方は二等分して、塩コショウでオイル焼きにする。


何やら棘がまだ残っている。棘の毒は死んでも消えないということで、刺されると数時間は激痛に苦しむので、別名「イタイタ」とも呼ぶ地方もある。


かなりこんがりオイルで焼いた。


内臓は抜くべきである。苦いのである。しかし、身は淡白な白身で美味しい。


アイゴというこの魚は、ヒレの毒故に地方によっては嫌われているそうであるが、なかなか美味しい。ただの塩焼きより洋風に料理したほうがよく、レモンを掛けていただくと尚いい。