いままで気になっていた「割れチョコ」をネット通販で買う。エクスパックのような状態で送られてきた。
割れチョコ.com -チュベ・ド・ショコラ-


今まで、割れチョコのことをワケアリのチョコを割安で販売しているのだと思っていた。


よく読んでみると、とんだ思い違い。「割れチョコ」という1種のブランド名。わざわざ不定形の割れチョコを作って販売しているのだ。


お試し300グラム1000円送料無料のチョコを選んで買ってみた。お試しではない時は送料だけでも700円。


このおためしバージョンは味を一種類指定することになっている。今回は、チョコミルクマーブルを選択した。


割れチョコを作って販売するきっかけとなったのは、『初めはパティシエさんが貸つくりに使われていたチョコレートの中で余ったものを頂き、袋詰にして販売したのがきっかけでした。その後反響が大きく、敢えて割った、世界で一つしかない形をスタイルそした「割れチョコ」が誕生しました。』ということである。


おおよそ、100gあたり300円であるから安くはないが、チョコの質がクーベルチュールチョコレートで高級だということに値打ちがあるらしい。


本店は、東京・自由が丘。


袋の中味はこれで全て。


直径25センチのお皿の上に広げてみる。試食・・・・・なるほど美味しい。しかし、同じものばかり食べるのはちょっと飽きるかも。


袋の中には、パンフレットが入っている。オンリーワンのチョコレートだということを強調。ランダムに割っているのだから、当たり前。その上に歩留まりもいい。例え割れても問題ない。何というグッドアイデア。チョコは入れ物に凝るがその必要もない。


チョコが好きで、自分用であればこれでいいのだ。カステラの切れ端のようなものかな。このカステラの切れ端ばかりを集めたもの、味には差し支えないのに東京ではあまり売れない。関西ではよく売れる。味は一流、形はバラバラという共通点があるにも関わらず、チョコの方は売れて、カステラの方は売れない東京の事情とは一体何なのか。割れチョコを食べながら考える。

割れチョコはわざわざ作っているが、カステラはあくまで副産物でしかないということなのか。

チョコレートの90%はバレンタインデイの期間に売り上げるという恐ろしいチョコレート業界の現実。


色んな種類があるので、詰め合わせのミックスを買うのが正解かな。