コストコに行くたびに迷っては買わなかったフォカッチャ。
いつも買っているベーグルがこの暑さでカビってしまったので、今回はあまり甘くないフォカッチャにした。コストコのパン類は防腐剤を全く使っていないのですぐにカビるということであった。まあ、それだけ安心して食べられるということである。店員さんの言うのには、すぐに食べる分以外は冷凍しておけばよいということである。


1袋658円(税込み)。
フォカッチャは古代ローマ起源と言われるイタリアのパンで、「火で焼いたもの」という意味である。
又、ピザの原型ではないかと言われている。


フォカッチャには、プレーンなものと上に色んな物をトッピングして焼いたものとがあるが、コストコのものは、トッピングしたものである。種類は、チーズオニオン、オリーブタイム、ローズマリータイムの3種類。袋を開いた途端にハーブやチーズの香りが漂ってくる。


コストコのフォカッチャは一枚でも食べごたえがあるので一枚も食べられないという人は、半分に切ってから薄く2枚に切ると良い。


バターを塗ってからきゅうりを挟むと、キューカンバーサンドイッチの出来上がり。暑い日の朝には爽やかで美味しい。


一枚を薄く2等分して、上にベーコンエッグを乗せると朝食としてはボリューム満点である。

思いの外、コストコのフォカッチャは、3種類あるので何にでも合うし利用範囲が広く食べごたえもあり味もいい。そのままでもおつまみとしていただいても美味しい。