撮った写真の整理をしていて見つけた思いもよらない画像にビックリ。
鉄塔の電線がスパークして赤い火花を放っているのか。


同じ様な写真が2枚ある。自動車の中から撮っているので少し画角が違う。それでも同じところが光っている。しかし、白い光というのが不自然である。あれこれ考えた結果、前を走っている自動車の光がフロントガラスに写っていたのではないかと思う。もし、本当に高圧線のスパークなら、その時点で気がついていたはずであろうし、これぐらいのスパークがあれば周辺では停電しているかもしれないのではないか。何より鉄塔の下の辺で光って見える赤い光りが特に不自然。あの様な場所がスパークするはずがない。


もう一枚、理解に苦しむ写真がある。これも夕暮れと言うかかなり暗くなった頃の写真である。
電柱の上部から白いぼ~っとした光のような雲のよなものが出ている。もし自動車のフロントガラスに何かの光が反射しているとすれば誠によく電柱の場所とピッタリ重なったものである。もし、超常現象だというのならこの偶然の重なりかもしれない。もし、そうでなかったとしたら・・・・。