スーパーでじーっと見つめるばかりで、なかなか決心がつかなかった。なぜなら、以前、「大豆のお肉レトルトタイプ」を買ってそのまずさにびっくりしたからである。あんなにまずいものは珍しい。

大豆のお肉レトルトタイプ(大豆ミート・ソイミート)|商品情報|ダイズラボシリーズ|マルコメ


しかし、迷ったあげく買ったのである。「大豆のお肉」はマルコメで、この「ソイ・ジャーキー」はカバヤであるから、開発したメンバーが全く違うという理由で希望が持てたからである。


袋に書いてあること、「肉厚」「ブラックペパー味」「うれしい低脂質」「たっぷり食物繊維」「植物性蛋白質」・・・・なんか、良さそうな感じがするではないか。


更に、「大豆から作った、まるでビーフジャーキーのような食感とおいしさが楽しめるソイジャーキー。ひとくちサイズで食べやすく、ブラックペッパーが効いたピリ辛な味わいはおつまみにピッタリです。」と書かれている。ビーフジャーキーのような食感とおいしさというところに惹かれて買ったのだが、半信半疑。


原材料名の中に、「ビーフジャーキー風味調味料」なるものが入っている。期待できそう。


ビーフジャーキー45グラムのカロリーは、計算すると141.75キロカロリーだから、ほぼ同じ。


袋から出してみると、たしかに肉厚な感じ。ただ、端っこが丸く全く角ばったところがない。

食感はたしかに固くてビーフジャーキーに似ている。味もなかなか美味しい。しかし、噛んでも噛んでも
ビーフジャーキーの味はしない。ビーフのコクというものがない。それでも、これはこれのおいしさがある。

ソイジャーキーの一番いい点は、値段がビーフジャーキーの半分以下であること。確かにいい。