コーヒーぜんざいなるものを頂いた。


原材料名を見ると、「砂糖、小豆、コーヒーエキス、増粘剤」とかかれてある。
要するに、ぜんざいにコーヒーを入れただけのものである。


和のぜんざいに、洋のコーヒーを合わせるのはミスマッチかもしれないとなんとなく思ってしまう。


恐る恐る食べてみると、何と美味しいではないか。それもぜんざいだけで食べるよりもずっと美味しい。まあ、コーヒーが嫌いな人にとっては問題外かもしれないが。


そこで、「コーヒーぜんざい」を我流で作ってみることにした。まず、ドリップコーヒーで濃い目にコーヒーをだす。


いい香りの珈琲ができた。


買い置きの小豆の缶詰は、低甘味のあずきなので、甘みが足りない時には砂糖を加えることにする。


缶を開けるとドロッとした小豆が入っている。


少し小豆を食べてみると、結構甘い。


小豆に無糖のコーヒーを加えて食べてみる。もともとコーヒーはブラックで飲んでいたので、うす甘い小豆コーヒーといった感じなのだけれど、美味しかった。要するに甘さは個人の好みに応じて増減すれば良い。


ただ、水っぽくしゃぶしゃぶでは、スィートの感じがしないので、寒天でゼリー状にしてみる。


寒天を加えて少し砂糖も足してコーヒーぜんざいを作った。これならデザートとしてもお客様にだすことができる。


このコーヒーぜんざいを頂いた方にも試食してもらったところ合格点を頂いた。


冷蔵庫で冷やして、食後のデザートとして出してみたら好評であった。

コーヒーぜんざいが美味しいのなら、紅茶ぜんざいだって美味しいかもしれない。
夏のアイス菓子に、練乳小豆というのがあって結構美味しい。ならば、ミルクを加えたり生クリームを加えてみるのもありということになる。チョコレートクリームをトッピングするのはいかがかな。あれこれと次々アイデアが湧いてくる。今年の夏はこれに挑戦してみるのも楽しそうである。