大きなスイカは冷蔵庫に入らない。ところが小さなスイカ「こだま」が売っていない。ところがJAの三島館で細長い「小玉」を見つけた。


この細長い「小玉スイカ」は、ラグビーボールの形に似ているので「ラグビー」という名前らしい。


細長いので冷蔵庫に収納しやすい。早速冷やして、二つ割りにしてみた。細長いので2つに切りやすい。中は真っ赤である。その鮮やかな赤色に由来して別名「マダーボール(果肉の色madder【茜色】)」とも呼ばれている。


検索してみると、「ラグビーボール型の小玉スイカ。皮が薄く、糖度が高く甘いのが特長。また、形のおかげか果実が空洞化しにくく、裂けることが少ない品種」と書かれてある。
スイカ栽培ワンポイントアドバイス | valor-navi バローナビ


食べてみると甘くスイカの青っぽさがなく、その上、皮も薄い。スイカは野菜に分類されることが多いが、この「ラグビースイカ」は完全にフルーツである。