息子は、電子部品を買うために時々日本橋に行ったついでによく10円自販機で10本ぐらいペットボトルや缶ジュースを抱えて帰ってくる。同じ種類ばかりなのでよく訊いてみたら、10円自販機で買ったという。

その10円自販機のことをNETで検索していたら面白そうなので、自分でも行ってみたくなって息子に頼んで連れて行ってもらった。

そこは、なんとなく裏寂しげな通りで飲食店なんかはない通りである。歩道に沿ってズラッと派手な自販機が並んでいる。


これがかの有名な10円自販機。


猫のイラストが可愛い。


何の飲み物が出てくるのかはわからないらしい。


自称「大阪新名所」。はとバスの観光めぐりに加えられているのかな?


自称、大阪城や通天閣と並ぶ名所らしい。


もう一つショッキングピンクの10円自販機がある。


10円自販機は午前中に売り切れてしまう。中から出てくる飲料は、賞味期限が間近に迫っているものばかりである。
安い商品が手に入らないときはいつ行っても空っぽらしい。


横には記念写真を撮る立て看板まで立っている。顔を入れて写真を撮る勇気は出なかった。


10円自販機の他に50円自販機も並んでいる。50円自販機の場合は10円自販機に比べると「自販機の宝石箱」らしい。


何故、宝石箱かというと、2段めの水色のところは30円のドリンクで、赤く塗られている右の「おかしな自販機」の部分からはお菓子が出てくるがどんなお菓子化はわからない。左側のブルーの1段目と3段目は50円ドリンクで今日はジュースであるがやはり種類はわからない。だから、ひたすらお祈りするしかない。


こちらの50円以上の自販機は種類を選ぶことができるらしい。ただ、時々「?」マークが付いている部分があって、これに関してはお願いして祈らねばならないらしい。


このヒョウ柄の50円以上自販機はすべて指定できる。


値段が50円、60円、70円、80円、100円といろいろある。


大きな白猫が「また おいでや」と言っている。

最後のこの得体の知れない自販機は「おいでや神社」。1段目はペットボトルの飲料水、2段めが缶入りだし汁(そばとかのだし汁)、3段目は30円ジュース。何故神社なのかよくわからない。

この日は、10円自販機は全て売り切れでがっくり。50円の缶ジュースを買って飲みながら帰った。