ポーシャ「こんちは、ピーチャ」
ピーチャ「うん、こ・ん・・・わ・」


ポーシャ「あなた、いつも元気ないわね。」
ピーチャ「これが普通なんよ。」


ポーシャ「私達、2つ目のゴミ箱たちにとって大切なのは何と行っても目なんよ。全ては目に始まり目に終わると言ってもいいぐらいなもんよ。」


ポーシャ「目に全ての力を込めるのよ。」


ピーチャ「こんなぐあい?」


ポーシャ「なんだか、前よりほんのわずかましになったかな。」


ポーシャ「目にカッと力を込めて見開くのよ。カーッとね。」


ピーチャ「そんなの難しいよ。だって自分の顔は見えないもの。」


ポーシャ「まばたきなんかしないで、カーッと目を開きっぱなしにしてみてよ。」


ピーチャ「そんなの出来ないよん。ぼく、緊張すると目を閉じちゃうんだもん。」


ピーチャ「ぼく、これが精一杯かも。」


ポーシャ「情けなくて涙が出てきそう、ウルウル・・・」


ピーチャ「ホント、力の限り頑張ったんだ。もう目が回ってきたよん。」


ポーシャ「涙が・・出てきて止まらない・・・」


ピーチャ「なんでそんなに泣くのよ。ボク、ボク、がんばったのに、死にものぐるいに頑張ったのに。
これ以上もう出来ないよん。プンプン、カーッ。」

ポーシャ「違うのよ。目を無理して開けていたら痛くなって涙が・・・ポロポロ・・・。でもやっと出来たじゃない。カーッと目に力が入っているわよ。それが目力よ。め・ぢ・か・ら。目力は、本気を出さないとだめなんよね。」