コストコのガイコツさん、コツコさん。これではあまりに寒くて可愛そうである。


そこで、近くのリサイクルショップへ出かけて、コツコさんのために衣類を買ってきた。
右上のものはマフラーであるが、髪の毛の代わりにしたいと思う。


これは以前に作ったチュール。金と銀の箔押しは自分でやった。


ブラウスとスカートを着せて、マフラーを髪の変わりに頭の周りにおいてみる。
椅子にチュールをかぶせると雰囲気がふわっとして柔らかくなる。


少し鎖骨や骨を見せておいたほうが自然かな。骨体美である。


口は少し開いておくと表情が豊かになる。コツコさんの笑顔は格別である。

目の奥のLEDランプが目のように見えるのもいい。君の瞳は100万ボルト。


腕も手も一方向にしか動かないのでちょっと不自然である。


指もこの形のままである。


モノトーンなので、固く冷たい感じがする。そこでアクセントに鮮やかな色合をプラスすることに。


この真っ赤なフェルトの帽子を使ってみようと思う。


赤い帽子をかぶせると一瞬にして明るく活気が出てくる。


飛行機のキャビンアテンダントのように見える。


仕事から帰ってきた息子はもうびっくりして一瞬固まってしまった。きっと惚れ惚れしたのに違いない。コツコさんもこのドレスアップに大満足である。